京都冒険旅行?その1

今年は5月に予定していた友人との旅行が、家族の不調や介護で行けなくなり、

11月せっかくだから、友人と京都で泊まろうということになって、

いつもなら日帰りで行く京都ですが、一泊してみました。

普通の宿泊ではつまらないので、お寺の宿坊に泊まることにしました。

宿泊先は妙心寺の東林院。


電話で問い合わせすると空いているようでしたのですぐOKかと思いきや、

往復はがきで申し込んでくださいとのこと。

しばらくすると宿泊承諾書なるものが届き、

門限9時夕食は6時までに。もちろん時間厳守!などと書かれていてさすが宿坊超アナログです。


さてまず当日のスタートは嵐山駅。

わかっていたけど信じられないぐらいの人人人。

いろいろな国の人がいてもうカオスです

ここはどこ?私は誰?・・・


人をかき分けてバスで清滝へ。友人は足を痛めていたので紅葉の美しい清滝までいかず、鳥居本で降りて

愛宕街道を下っていきました。しかしここまでくるとなぜか人がまばらなのです。

下の写真は鮎料理で有名な平野屋。


4032149F-4C32-4F5F-BCEC-6798519FD344.jpeg


何回か来た「茶寮 弁治」で湯豆腐をいただきました。お庭も綺麗でほっとする場所です。


7DE8584B-C80B-4F7D-BC45-26F3398D1E6D.jpeg


茅葺の古いお店の立ち並ぶ坂道をゆっくり歩いていきます。先ほどの喧騒はどこへいったのかと思うぐらい静か・・・。


96A40631-5B23-48F8-9325-B5C7FD8D66F5.jpeg


いつも覗く和紙のお店で変わった漉きの和紙を買ってから、竹林にきれいな舞妓さんが‼

と思いきや、近づいてみると( ^ω^)・・・どうみても70代のマダム2人が舞妓さんスタイルで人力車に乗っておられました‼

最近はこういうのもありなのね。と友人と変に納得。その写真はありませんが・・・・。


AA5CC18C-2F86-4B00-9001-E9303504CBD1.jpeg


渡月橋近くに新しい美術館ができたので寄ってみました。福田美術館です。

江戸時代から近代にかけての名だたる日本画画家のコレクション。伊藤若冲の「群鶏図押絵貼屏風」六曲一双(12枚)

はみごとな筆さばきでした。


あっという間に時間が過ぎ、5時。もう宿坊に向かわないと夕食にありつけないので、急いで嵯峨野から去り電車に乗りました。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2019年12月26日 22:04
確かにこの頃の嵐山の混み方はとまどうばかりです。
紅葉も桜も嵐山にとどめさす…ッて感じなので観光局が来るのはしょうが無いと想ってるんですけどネ。
正直な気持ちを書くと、清滝は人まばらのままでいて…ッと。
木々の隙間を通る風が楓を揺らす様を静かに見ていたいから。
そんな心持ちで嵐山歩けませんもんネ、今は。
m’s garden
2019年12月29日 10:03
おーちゃんさんへ
コメントありがとうございます。
今年はどこへも行けなかったのですが、たった1泊の京都で十分満喫できました。清滝もそーっとして、こうしてブログでupしない方がいいのかもしれませんね。実際京都に住んでいらっしゃる方にとってこの混乱はちょっと受け入れがたい状況かと思います。元々やや歴史伝統のある閉鎖的な街がこんなにウエルカムな混沌を受け入れられるとは思えません。
観光も良いけど、毅然とした京都も見せて欲しい気もします。
詩音連音
2020年01月09日 21:41
m’s gardenさん(^^)
こんばんは(^^)
寒中お見舞い申し上げます。
京都の宿坊にお泊り。良いですねぇ~(^^)
お寺にお泊りは1度も体験したことがありません。
やっぱり、暖かい時ですよね(^^;)
永平寺の冬の様子をTVで見たことありますが、寒さで凍えてしまいそうでした(^^;)
心身共に清められるような凛とした気分になれました。
今年もよろしくお願いします。
m's garden
2020年01月11日 13:42
詩音連音さん
お久しぶりです。

東林院の宿坊さむくないですよー。
各部屋にエアコン完備です。
よく眠れました!
でも共用トイレとお風呂は清潔ですが、少し寒いです~。

何も雑音の入らない日を過ごすのもいいものですね

本年もよろしくお願いします。