久しぶりの京都

さて、お正月休み最終4日は久しぶりに一人で京都へ出かけました。

二条城前にある京都芸大ギャラリー@KCUA で日本画の西田眞人展 —絵事循環—展覧会を見るためです。

美術館やギャラリーは大体一人で出かけます。

自分のペースでじっくり見たり、何軒かはしごすることが多いので

絵の鑑賞は一人のほうが気ままでいいですね。


画像


個展を見に行く前に、若くして亡くなった私の祖母が供養されている大谷本廟に30年ぶりにお参りに行きました。

京都駅から東山沿いにどんどん歩き、智積院、清水寺の人込みに巻き込まれながら五条坂を上がったところに

ある大谷本廟にたどり着きました。ここは親鸞の墓所と言われています。



画像



地下鉄東西線の三条までいく途中、建仁寺の境内を歩きました。

玄関にある屏風に「最初禅窟」と書いてあり、「最初禅窟」とは、”最初の禅寺”という意味だそうです。

このお寺は何度か来ましたが、日本最古の禅寺とは知りませんでした。

画像


ま~京都駅から三条までずっと歩き・・・ 。 よく歩いた!!

みぞれ交じりの雨も降ってましたから我ながら感心(笑)



地下鉄に乗り込み、やっと二条城前のギャラリー@KCUA (アクア)にたどりつきました。



画像



西田眞人先生の作品は作者のお人柄が感じられます。

静かで品のある作品に感動を覚えました

画像


画像

この記事へのコメント