7月3日 蓮 花言葉 清らかな心

画像


昨年「蓮」はアクリルで作品を何枚か描きましたが水彩では初めて・・・

たっぷり水を含んだ紙に塩を落として滲みに変化をつけたもの。

とても小さな作品です


画像


アクリル絵具による「蓮」の作品

これはM40号とやや大きめ

「蓮」はテーマ性が強くなかなか手ごわいお花。

思うように描けず、これは未完成です

ツインで冬の「蓮」の情景も同じサイズで描いたのですが・・・。

そちらはある程度までは描けていると思うのですが、

またほとぼりが冷めたら再度手を入れるつもりです。
















この記事へのコメント

2011年07月06日 15:49
紙に落とされた塩は、固まるのでしょうか。面白い技法
ですね。ブルーの蓮、涼しそうです。お水の中はこんな
風に、どろんとしているのでしょうね。
間違ったとらえ方でしたらごめんなさい。
次の作品は、妖しげな、幽玄の世界といった風です。
やはり、水の中のどろどろしたものを感じます。
大胆なとらえ方でいらっしゃいます~。
m's garden
2011年07月06日 23:07
リンゴさん
楽しい感想いただきました。ありがとう!
塩は完全に乾いたら払って取ります。
絵具で濡れた紙に岩塩を振りまくと塩が絵具を吸い込み時間が経つと
まだら模様ができます。と偉そうに言ってしまいましたが
とりあえず実験的にやってみて、その上に手を加えたものです。
蓮の花は美しいですが水中は泥どろです。
生命の源を表現しようとしているのですが、なかなかうまくいきません・・・。
2011年07月06日 23:30
今晩は。
「塩!」に反応してしまいました。
私のブログで紹介した亀崎さんが描かれる終着駅の水彩画ですが、
とても幻想的な滲みがあって憧れてたんです。
ふっと、ひらめきました。
塩をうまく使ってらっしゃったんだ・・・ちょっと、やってみたい。
2011年07月07日 01:10
こんばんは。
蓮のイメージがこれほど変わるとは以外です。
塩を使って変化をつけるという技法があることも知りませんでしたが、絵画はやはり奥が深いですね。
m's garden
2011年07月08日 06:50
七海さん
イギリスのマリリンスコットさんの技法書にいろんな作例が出てて、一度やってみたかったので実験しました。塩は食塩でなく少し荒い岩塩などのほうが吸い込みやすいです。面白いのでやってみて。何枚か作っといてイメージするほうが私には向いています。
m's garden
2011年07月08日 07:05
teddyyさん
蓮は2年前にはまり、(池ではありません笑)ずーっと朝見に行ってたのですが
なかなかイメージ表現するの難しいお花です。手ごわい・・・。未だに描けません。