5月9日 クレマチス(テッセン)   花言葉 心の美  旅人の喜び

画像

クレマチスはその花の形から風車のことです。(日本原産)
テッセンは鉄線のことでつるが細くて強いことからこの名がつきました。(中国から伝来)
花が終わったあと、フワフワの綿毛になります。これなにかとにてますよね。
そう以前描いたオキナグサ・・・・。
どちらもキンポウゲ科でした。

作品について・・・・。少し色と時間を掛け過ぎです。バックはツツジです。(私だけ納得)
ぼんやりしてるけど季節の花に参加!してます。




画像

母の日に贈るために現在制作中・・・・・・。間に合うかな・・・制作中多いです・・・・

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

驚いた
ナイス

この記事へのコメント

2008年05月09日 10:17
やはり、凄いとしか言い様が有りません! 色もパステル調で凄く綺麗です。キンポウゲの仲間はどれをとっても凄い花ばかりですね!制作中の絵も沢山有るようですので、楽しみです!写真でもこの様な表現が出来ないか、色々やっておりますが、難しい事は確かです!
2008年05月09日 20:46
素晴らしい花の水彩画見せていただきました。ファンタジックな感じでいいですね。下書きなしで描くのですか?バック(背景)は後から描くのですか?私も描きたいと思っているのですが・・・なかなか上手く描けません。
ずっと遡って見せていただきました。製作中の水芭蕉、睡蓮楽しみにしています。
m's garden
2008年05月10日 06:47
ふうらんさん
コメントありがとうございます。水彩画のもつ透明感や、やさしさは一度体験すると、楽しくてやめられません。にじみの計算外の意外性や、色を楽しむ時間が私にとって癒しになっています。(相変わらずパソコンの作業はどうも・・・苦手・・)
m's garden
2008年05月10日 07:05
たみさん
はじめまして。大体、背景から始めます。花のもつ、空気感を出すためです。一番のポイントは筆と紙の水加減です。透明水彩の名のとおり、水で彩ります。技法はやや日本画に共通することもあります。絵は上手く描こうとしたら、私の場合いい作品はできたことがありません。雑念を白紙にすることがポイントでしょうね。(なかなかできませんが・・・)

この記事へのトラックバック